お彼岸 3月の西林寺


(梅と入れ替わりモクレンが満開の準備中。)

今日は彼岸明けです。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、過ごしやすい気候になってきました。
お彼岸といえば、お墓まいりやぼたもちですが、どのような由来なのでしょうか。

 

 

 


(彼岸前の寺のお掃除の日。一休み中。)

お彼岸の由来は、彼の岸(あの世)に一番近く日とか、修行に最適な日とか、何百年も前に由来することなので多くの説がありました。理屈より、お墓を掃除し、手を合わせる姿にこそ学べと、禅の老師に言われそうですね。

 

 

 

石段のスミレも揃って満開です。

 

 

前橋の桜の開花予想が4月1日、満開予想はお釈迦さまの誕生日と同じ4月8日でした。

4月2日(日)13時からは西林寺の大施食会(大施餓鬼会)です。
モクレンの満開か桜の咲き始めの頃でしょうか。
ご足労をお掛け致しますが、年に一度の寺の先祖供養の日に、花の様子見も兼ねてぜひお越しください。

雄山

合掌