上杉憲政(うえすぎのりまさ)

上杉憲政は山内上杉氏最後の関東管領(関東地方を治める役職)で、戦国乱世に翻弄された武将です。

上杉憲政は平井城にあり、関東に進出してきた北条氏康と戦争を繰り返していました。

河越の戦い

北条氏との戦争は長く続いていましたが、長年抗争していた扇谷上杉氏や、今川義元、武田信玄らと連合し、ついに河越(埼玉県)で北条氏を追い詰めました。上杉軍・八万余の大軍、北条氏は八千足らずという圧倒的な兵力差でした。

ところが圧倒的優位に立ちながら、北条氏康の夜襲によって大軍は大混乱し、10分の1の敵に破れるという大敗北をしてしまいます。

上杉憲政は平井城に逃げ帰り、多くの配下も離れていってしまいました。

北条氏康の侵攻は続き、ついに平井城にまで迫ると、上杉憲政は平井城を捨てて越後の長尾景虎のもとへ落ちのびました。 平井城に置き去りにされた上杉憲政の嫡男は北条氏に引き渡され、殺されました。 関東管領・上杉憲政の名は地に落ちてしまいました。