上泉伊勢守(かみいずみいせのかみ)

信長や秀吉の活躍が始まる頃、「剣聖(けんせい)」と呼ばれた武人・上泉伊勢守がいました。

修行時代

上野国・上泉城(群馬県前橋市上泉町)の上泉氏に上泉伊勢守は生まれました。その修行時代、剣術の聖地・鹿島(茨城県鹿島市)などで多くの流派を学んだといわれ、修行を重ね、やがて「新陰流」を大成します。

 

長野氏の滅亡

上泉氏を率いる上泉伊勢守は名将・長野業正に従い、「十六人槍」、「上野一本槍」といわれるほどの戦功をあげました。

しかし、上野国は武田信玄の侵攻にあい、やがて長野氏は武田信玄に滅ぼされてしまいます。

戦後、上泉伊勢守が武田信玄に仕官を勧められましたが、上泉伊勢守は剣の道を歩みたいと仕官を辞退しました。

旅立ち

武稽百人一首 上泉伊勢守

こうして、ついに上泉伊勢守は戦争の世界から身を引き、弟子の疋田文五郎神後伊豆守を連れ、京都へ向けて旅立ちました。

旅の中での有名な逸話があります。「本朝武芸小伝」(江戸中期版)

上泉伊勢守の一行が 妙興寺というお寺付近の村にさしかかったときのこと、村では乱暴者が子供を人質にして小屋にたてこもっていました。

上泉伊勢守はそれを見て、僧に変装し、次に握り飯を二つ作らせました。乱暴者に対峙すると、握り飯を一つ「子供にやってくれ」と乱暴者に放り、続けて「お前も腹が減っただろう」ともう一つ放りました。

二つ目の握り飯を受け取り、乱暴者の両手がふさっがた瞬間、上泉伊勢守は乱暴者から誰も傷つけず、子供を助け出し、騒ぎを解決に導きました。

この逸話は黒澤明監督の「七人の侍」に使われていますが、映画では乱暴者を切り捨ててしまいます。また、上述の妙興寺は、現在の愛知県にある臨済宗の名刹です。上泉伊勢守が新陰流の無刀取りを編み出した地といわれています。

京都

武者修行巡録伝 上泉伊勢守

京都では公卿の山科言継と親交が厚く、その日記「言継卿記」に上泉伊勢守に関する記述が残っています。

また、剣術の達人でもある将軍・足利義輝や天皇に招聘され、兵法を披露しました。この時代に剣術家として高く評価されたのは珍しいことでした。

上泉伊勢守は京都を中心に広範囲に活躍しました。対決者は殺さず圧倒し、弟子として育て、一流の武人たちを何人も世に輩出しました。現在でも多くの流派で祖として仰がれています。

 

※この記事は難解そうな歴史に誰でも親しめるよう意図しシンプルに作成したコンテンツです。御理解の上ご参照頂けましたら幸いです。