> トップページ

丸目長恵

丸目長恵(丸目蔵人佐)は、肥後(熊本県)の人で、幼いころから剣の修行に励んだといいます。

上泉伊勢守が京都にいたとき、その門下になり教えを受け、またたく間に腕を上げていきました。

将軍でありながら剣の達人でもある・足利義輝に上泉伊勢守が招かれたときには、数多い弟子の中から太刀打ちの大役を務め、将軍・足利義輝から感状を与えられたといいます。

その後、丸目は帰郷して、相良家に仕えました。 

新陰流を名乗っていた丸目はタイ捨流を開き、数多くの弟子を育て、日向で晩年を過ごし、九十歳で没しました。