奥山休賀斎

奥山休賀斎(奥山公重とも)

「奥山流」家康指南役の三河武士

奥山休賀斎は三河の人で本姓は奥平。徳川家康に仕えて、織田德川軍と浅井朝倉軍が戦った姉川の合戦にも参戦したといいます。

上泉伊勢守に入門しやがて免許を得、奥山流を開きました。徳川家康の剣術指南役を長く務め、公の字を賜り、公重と名を名を改めています。その後、旧主である奥平家で晩年を過ごしたといいます。