疋田文五郎(ひきたぶんごろう)

疋田文五郎(景兼、豊五郎、小珀とも)

上泉伊勢守の甥で達人

疋田文五郎は上泉伊勢守の甥にあたるといわれ、また抜群の腕前の弟子でもあります。

疋田文五郎は上泉伊勢守に従い諸国を旅しました。その後、関白・豊臣秀次(秀吉の甥)の指南役をし、細川幽斎に仕えました。また武芸では疋田陰流を起こし、またそこから多くの流派が生まれました。

数々の逸話

上泉伊勢守に勝負を挑む者が現れると、上泉伊勢守はまず、 疋田や神後に試合をさせました。疋田文五郎は数々の剣豪に軽々と勝利したといい、武田信玄の軍師・山本勘介や達人・柳生宗厳との勝負の逸話が残っています。

また、関白・豊臣秀次に仕えていたときの逸話も伝えられています。ある達人に試合を申し込まれた疋田文五郎はその試合を断り、臆病だといわれましたが、疋田文五郎は「あの達人を失うのは惜しいし、私もここで傷ついては奉公ができない。この乱世にそれはただ無益である。」といい、皆は疋田文五郎の境地に納得したといいます。

この逸話には、上泉伊勢守の逸話にも通じる精神を垣間見ることができます。